正しいブラジャーのサイズと着け方

正しいブラジャーのサイズと着け方

自分の着けているブラジャーを見てみると胸が潰れていたり、脇のお肉がはみ出ていたり、ストラップやバンドの部分が食い込んでいたりすることはありませんか?実はこの状態は着けているブラジャーのサイズが間違っていることが原因となっているのです。

 

自分の正確なサイズを知ることがバストアップにとってとても重要なことなのですが、実は世の中の女性の80%はブラジャーのサイズが間違ってしまったまま着けてしまっているのだそうです。

 

実際に下着屋さんで店員さんに測ってもらうと今まで着けていたサイズとは全然違ったという経験をしたことがある女性も少なくはないでしょう。中にはブラジャーのサイズが2カップ、3カップもアップしたという女性もいたりします。

 

正しいサイズのブラジャーを正しく着けることによってバストアップすることができるので、正しいブラジャーの着け方を紹介しましょう。まずは正しいバストの測り方です。

 

ブラジャーのサイズはトップバストからアンダーバストを引いた数字からわかるのですが、正しいトップバストの測り方としてはヌードで直立で測る方法、90度お辞儀をして測る方法、ブラジャーを着用して測る方法があります。

 

自分のバストが垂れているなと思う場合には直立して測る方法は避けた方がよいでしょう。一人ではなかなか正しい数字が出にくい場合もあるので二人で測りたい人が自分でめいっぱい自分のバストを持ち上げて測ってもらうと正しく測ることができます。

 

アンダーバストの測り方についてはバストのすぐ下を測るイメージですがこれは間違っていて、実際には指をくっつけた状態で体温計を測るように手を脇に挟んだ時の小指の位置が正しいアンダーバストとなります。多くの人がこの時にトップバストを持ち上げないと測ることができないでしょう。

 

正しい数字が出たらブラジャーを選んで、バストに関するお肉を全てブラジャーの中にしまいこんだら、これ以上上がらないというぐらいトップバストをブラのストラップを使って持ち上げましょう。ストラップに指一本入る余裕があるぐらいまで持ち上げてしまいます。

 

以上が簡単な正しいブラジャーの着け方となります、正しいサイズと正しい着け方を知って、バストアップを図りましょう。