小さいだけがバストの悩みではない

小さいだけがバストの悩みではない

女性いとってバストが小さいことはコンプレックスの一つになり、実際にバストの小ささを気にしている女性は貧乳という言葉に傷つくことも少なくないでしょう。ですがバストの悩みは小さいことだけではなく、大きなバストの人にも悩みがあります。

 

加齢や出産に伴う授乳によってバストの一が下がってしまったり、形が悪くなってしまうことも悩みの一つなのです。もちろん小さいバストにもこういった悩みはつきものであり、まずは大きなバストはもちろんのこと形のよい美しいバストも意識してみてはいかがでしょうか。

 

バストをより理想に近づける為のポイントとしては大きさ、バストの高さ、バストの立ち上がりとなります。大きさに関してはバストのほとんどは皮下脂肪で出来ている為、皮下脂肪は柔らかく流れやすいのです。

 

なので、ブラジャーの中にきとんとバストについた皮下脂肪を収めることで大きなバストを作ることができるので自分のバストに合ったブラジャーをつけることがとても重要になります。ですがこれだけではブラジャーを外した際に結局流れてしまうので形のよいバストとは言えません。そこで次のポイントとしてバストの高さがあります。

 

バストのサイズがいくら大きくてもトップの位置が下がってしまうと美しいバストとが言えないでしょう。トップの位置は加齢や出産、間違ったサイズの下着をつけたりすることで下がってきます。下がってしまったからと言って諦めることはなく、トップの位置は大胸筋を鍛えることで高さを保つことができるようになります。

 

そして最後のポイントとなるのがバストとバストでない部分の境界線をハッキリとさせることです。皮下脂肪は流れやすい為に胸下とバストの段差が薄くなってしまうので、マッサージをしてメリハリをつけるようにしましょう。

 

ただ単に大きなバストがよいというわけではなく、高さや立ち上がりなどを意識して筋トレやマッサージをすることで理想のバストを手に入れることができるのではないでしょうか。